Entries

ミモザ トライアルから帰って来ました そしてぷーさんが・・・

3月に綾部へトライアルに行っていたミモザ

関連記事はこちら

先住猫のここみちゃんや 先住犬のブンちゃんとも少しずつ距離を縮め
いい感じだったのですが まさかのおトイレがうまくいかず
帰ってきました(T_T)

申し分ないお家だったのでとっても残念でしたが気を取り直して!

トライアル中 たくさんのステキな写真をいただいていたので
お披露目を(*^_^*)


image_201604270132507fc.jpg image (1)
image (10)image (7)image (9)picute20160426014515.jpg

幸せな写真がいっぱい ほっこりします♡

トライアル期間中 本当に大切にして頂きました。

こんなにステキなおうちだったのに ミモザ アホやなぁ・・・。


本当にステキなご家族だったので ミモザがダメでも
うちの子をだれか ぜひ迎えて頂きたい!!
そう思って もうすぐ生れるであろう仔猫のPRもちゃっかりしていたのですが
とある子のことが気になっていたので ちょろっとお話をさせて頂いてました。

とある子とは お友達が保護していたトイプードルちゃん。

2月のふれあい会の時 会場でぷーさんのことも見られていたAさんご夫婦は
彼女のこともずっと気にかけてくださっていて 今の状況を話すと
すごく真剣にそして前向きに検討して下さり ぷーさんの里親になることを
申し出てくださいました。

4月16日にご夫婦揃ってお迎えに来て下さり トライアル開始。

そして1週間も経たないうちに正式に迎え入れてくださることになりました!!

本当に良かったです。

せっかく保護されたのだから 普通のおうちで飼い主さんにたくさん甘えられる
幸せな生活を送ってほしい!

犬は 猫と違って ご主人さま一筋、ご主人さまが全てです。

だからこそ 早く新しい幸せな環境での生活をスタートさせてあげたい!

もちろんネコも同じですが 人間に忠実なワンコが 人によって酷いことをされ
裏切られてきた・・・ それでも人を恨むことなく 慕ってきてくれる・・・
そんなワンコは ことのほか 放っておけません!!

昨年保護したラッキーもそうでしたが 人間の利益のためだけに繁殖に使われ
狭いゲージの中から出してもらうこともなく ご飯もろくに与えられず
寝るのも 排泄するのも ご飯を食べるもの 狭いゲージの中で
人の愛情も知らずに生きてきた そして必要がなくなれば ゴミ屑のように
ポイっと捨てられた彼らには 本当に幸せになってほしいと心から思います。

繁殖業者で使われてる子を 引き取るのは繁殖業者の手助けをしてるから
ダメだという人もいますが 犬たちには何の罪もありませんし
そんな風な扱いを受けている彼らこそよっぽど
救い出してあげないといけないのではと私は思います。

話が逸れてしまいましたが そんなわけで 申し分ないご家庭に
里子に行くことができた ぷーさん。

ご家族、そしてお子さんたちのお友達も一緒に考えてくれた
「しずくちゃん」というとってもかわいい名前を新たに付けて頂きました。

トライアルに入ってから 心温まる写真をたくさん送っていただいています。

image1 (2) picute20160427014956.jpgpicute20160427015333.jpgimage2_7.jpgimage1 (3)

少しずつ緊張もほぐれ 自己主張も出来る様になってきたそうです。

犬のことをしっかりご理解くださっているご家族の元へ行けたので
安心です!

しずくちゃん よかったね!

ブン太くん & ここみちゃん そして 新しいパパとママ、
おにいちゃんたちと ずっとずっと幸せにね♡





にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

うめちゃんの出産

おばあさんのお家のベランダに毎年仔猫を連れてご飯を食べに来ていたという
ちびまる や ちびちゃんのママ。

1月から出張手術にあわせて捕獲を試みていましたがなかなか捕まらず
3月になると お腹が大きくなっているようだと言われ 捕獲を急がねば!!と
思っていたところ 3月中旬やっと捕獲できました。

DSC01409_20160425012652be8.jpg

捕獲したての うめちゃん。

この時はまだ名前も付いていませんでしたが子猫が生まれたら
3文字の花の名前と決めていたので 同じくお花の名前で~と考え
3月だし おばあさんとこの猫ちゃんなのでちょっと古風に「うめちゃん」となりました(笑)

私とは初対面なので 触らしてはくれず シャーシャー言われていました。

出産までゲージで過ごしてもらっていたのですが
ベルちゃんが体調を崩してしばらくしたころから うめちゃんも体調を崩しはじめ
ご飯もぜんぜん食べなくなっていました。

触る事も出来ないので 強制給餌や投薬が出来ず 困り果てていましたが
それでも 薬を混ぜたa/d缶をスプーンで口の周りにつけ 少しでも薬とご飯が
身体に入るよう 毎日食べてくれたか分からないくらいの量ではありましたが
与えていました。

なんとか早く回復し 元気になってから出産してほしいと思っていたのですが・・・

リーナが出産した翌日 パンパンの大きなお腹をしていたうめちゃんがついに出産。

しかし 私がゲージを覗いたとき 1匹はトイレで産み落とされた状態のまま
冷たくなっていました。

DSC_0609.jpg

さらに良く見ると うめちゃんのいる箱の端に もう2匹姿が見えました。

DSC_0610.jpg

うめちゃんがまったく子育てをする気配がなかったので
病院と 先輩ボラさんに相談し すぐに赤ちゃんを取り出しました。
普通なら赤ちゃんを取られたら すごく怒るはずなのに まったくそんな気配はありませんでした。
うめちゃん 自分で産んだ赤ちゃんも面倒見れないくらいしんどかったんだと思うと
こんな大切な時期に 風邪を引かせてしまい 申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

1匹は 生まれた時の膜が顔に掛かったままの状態ですでに冷たくなっていました。

かろうじて動いていた一匹は 先輩ボラさんの助言で 前日にママになったばかりの
リーナに代理母となってもらうべく リーナに託すことに・・・。

新米ママだし 出産してからすごく気が立っていて うーうー唸っていたので
大丈夫かと心配でしたが 最後の望みをかけて リーナのゲージに入れました。

その日の夜中 様子を見に行ったとき 異変に気付きました。

お昼間や夕方は もっとしっかり腕の中に抱いていたのに
心なし放り出されているような気がする・・・。

ガンガン覗けないのと 狭いゲージの中でこちらから見れる角度も限られてくるので
なかなか見極めることも難しかったのですが 意を決して取り出してみると
もう力尽きていました・・・。

でも リーナが育児放棄したわけではありません。

初めは戸惑っていたけど 途中からは一生懸命面倒を見てくれていたのが分かりました。

この子には へその緒はもちろんですがその先にレバーのような袋が付いていました。


リーナのゲージに入れた時 もちろんそれも付いたままの状態で託しましたが
取り出したときには それが無くなっていて 臍の緒もきれいに切れていました。

リーナが一生懸命みてくれた証拠だと思いました。

唯一生きてくれていた キジ白の仔猫までも死なせてしまい
うめちゃんに 本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

最後の出産・育児だったはずなのに・・・
ベテランママだから なんの心配もしてなかったのに・・・
こんなことになるなんて。。。

人に慣れていない、ましてや 妊娠している猫を保護するなんて
当猫からすればストレスの極みだし これからの保護や捕獲を考え直さないといけないと思いました。

猫の保護活動も度が過ぎると ただの虐待でしかないのでは・・・とさえ思います。

火曜日 仔猫たちを火葬してきました。

DSC_0646.jpg

膜を被ったままだった子はきれいに幕をはがすと とってもきれいな茶トラちゃんでした。

左から 息絶えてしまった きじ白ちゃん、 茶トラちゃん、そして三毛ちゃんです。

せっかく生まれてきたのに 息をすることもなく力尽きた 茶トラちゃんと三毛ちゃん、
数時間で力尽きてしまった きじ白ちゃん 本当にごめんなさい・・・。

ある意味 中絶手術より残酷だったかもしれません・・・。

どうか安らかに。。。

3匹揃って 天国からママのこと ずっと見守ってあげててね。



何度目の斎場だろう???と考えながら、
前からちょっと納得いかない事があったので 今日はそれを聞いてみようと思って向いました。

人間の場合 最後お別れしたら 火葬するところに入れて 
点火するところまで見守れるのに どうして動物は 点火するところに立ち会えないのか
前から 不審に思っていました。

なのでそれを突っ込もうと思っていたのですが・・・

実は週末から膝の痛みが限界で月曜日には動けなくなっていた私に代わって
母が役所へ手続きに行ってくれたのですが その時 “拾骨なし” と申請していました。

なので当日拾骨ありに変更してもらおうと思って 向かったのですが
斎場のペットの火葬場へ行くと まったく人の気配がせず あれ!? っと思っていると
事務所の人が 「こちらへ」と別の場所へ案内されました。

明らかに倉庫というか物置のようなスペースに長机が一つ置かれ
そこに 短いろうそくが一本と 小さなお線香立てが。。。

ここに置いてお別れしろと!?

DSC_0647.jpg

その時すごく嫌な予感がしました。

これって火葬せーへん気やろ!!!

実際はどうかわかりません。私の勝手な妄想ですが
このまま ゴミとして処分されるのでは?
もしくは 冷凍保存でもしておいて 数が集まったら火葬するの???

すぐに火葬するなら 拾骨ありでもなしでも 焼却するところに遺体を置き
お別れすると思うのですが・・・。

もし私の想像が当たっているなら 飼い主が大切にしていた家族を
最後の最後にすごく酷い目に遭わせているし それを知らないで
火葬してもらって埋葬してもらった と思いこんでいる飼い主に対しても
かなりのひどい仕打ちだと思いました。

拾骨ありにして 良かったと思いました。




強制的に薬を飲ませることも出来ないので ちゅ~るに混ぜてなんとか一口でも!
と 口元に無理やりつけたりしながら 毎日格闘しましたが なかなか舐めてもくれず・・・。

DSC_0614.jpg

この時は本当に弱っていたのか 触っても怒られませんでした。



少しご飯を食べるようになってくれたと思った矢先の木曜日、
夜のお薬をあげようと うめちゃんのゲージのある部屋に行くと 赤ちゃんの声が!!

えっ!? まさか!? と思って 厳重にゲージをカバーしているタオルケットをめくると
なんとうめちゃんが赤ちゃんを産んでいました!!

しかも 3匹も!!! 本当にビックリでした。

DSC_0675_201604250234128d4.jpg

先週生まれた子達にくらべると大きさもしっかりしているし
みんな元気におっぱいを飲んでいて 少しホッとしました。

ただうめちゃんはまだ風邪をひいているので それが仔猫たちに移るのでは?と
とても心配でした。

昨年のクロちゃんの時のように・・・。

先生にも相談してみましたが うめちゃんが風邪をひいたのが出産前だったので
赤ちゃんにはこの風邪に対する抗体が出来ているので 大丈夫だろうとのこと。

少し安心しました!

DSC_0694.jpg

時々 ピーピー鳴きながら 元気に成長中です。

本当なら6匹揃って 元気に成長していってほしかったですが
先に生まれてきた3匹の分までも しっかり成長し 幸せに生きてほしいと思います。


出産後 うめちゃんは お薬も飲み、ご飯もしっかり食べてくれるようになりました。

子猫のために うめちゃん頑張っています。

どうかうめちゃんの風邪が早く良くなりますように・・・。








にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村


リーナ ママに!

このブログではまだ紹介も出来ていなかったリーナ。

なので リーナのことを綴ろうとすると とっても長くなってしまいます(>_<)

が 今日は保護からのことを一気に綴りたいと思います。



リーナのことを書くにはまず ジェミマたちのことを話さないといけなくて・・・。

またまた話が長くなりますが・・・。

実は2月の終わり ジェミマ一家が保護部屋から脱走してしまったことがありました。

逃亡してから三匹バラバラになってしまったようですが その中でも
グレイは扉を開けた状態にしていた保護部屋に戻ってきていました。

なので 倉庫内で捕獲器をを仕掛けたのですが その時になぜかかかっていたのが「リーナ」でした。

もともと2月の厄神さん前に うちの餌場に来ていて
発泡スチロールで作った小屋で寝てくれていたのですが
酷い風邪を引いていてなんとかしてあげたいと思っていました。

リーナ2月
リーナ風邪ひき

その頃のリーナです。

2枚目が 風邪をひいてかなり辛そうだった頃のもの。


厄神さんを境に現れなくなっていたので心配していましたが 
雨風や寒さがしのげる倉庫の方に来ていたようで まさかの捕獲。

リーナ捕獲

捕獲した時のリーナです。

まだ小さいので 次の出張手術で避妊しようと保護していました。


でも 実はこの時すでに妊娠してることになります。

リーナゲージ

手術までキティゲージに入れていましたが 初めの頃は朝起きたらこんな感じ(T_T)

少しずつ慣れてくれ 病院にも連れて行けるくらいだったので必要な医療にかけながら
手術の日を待ちました。

リーナ

お目目クリックリでとってもかわいいリーナ。

おやつで少しずつ距離を縮めることも!


手術の日が来て 出張手術に連れて行きました。

しばらくして看護士さんから電話があり もしかしたら妊娠しているかも!と言われました。


そして 「もし妊娠していた場合 どうしますか?」と聞かれました。


元々はTNRの出張手術なので そんな場合は中絶が当たり前だと思っていたので 
そんなことを聞かれて驚きました。


「お腹の中にいることが確認できればその状態ですぐにお腹を閉じることも可能です」と言われました。


思わず 「今までにそんな決断をされた方はいらっしゃるのですか?」と質問したところ 
「今まではいません」と言われました。


悩みましたが せっかく授かった命なので 産んでもらうことにしました。


私の判断を先生はどのように思われているんだろうと少し不安になっていましたが 
後日先生とメッセージのやり取りをさせてもらっているとき 
私の決断を嬉しく思いましたと言って頂きました。


その言葉にやっぱりおろさなくて良かったと思いました!


まだまだお腹が小さくてあと一か月くらいは先かなぁって思っていたので 
ゲージの準備もまだ出来ていませんでした。




そろそろ大きなゲージに移してゆったりお産が出来るように準備しなければ!と思っていた
先週の木曜日、掃除機をかけていると どこからか聞きなれない声が!!

えっ!? と思い 声のする方に行くと リーナのゲージ。

リーナどうしたん???って覗きこむと !!!

赤ちゃんがすでにおっぱいを飲んでました。

リーナ出産

すでにお腹がパンパンのうめちゃんは さすがにいつ生まれてもおかしくないと思っていましたが
そのうめちゃんを差し置いて 最近ちょっとお腹が大きくなり始めてきたかな~くらいにしか
思っていなかったリーナがまさかの出産。

本当に驚きました!

その後 数時間後に再度覗いてもまだ一匹のままだったので
リーナの手術をして下さった先生に報告がてら聞いてみると
一人っ子ってこともごくごくまれにあるらしい。

もし次の子がいれば次のお産は30分以内に始まるらしく
さらに お腹に残ったままになっていた場合は 見て分かるくらいしんどそうにするそうで
リーナの状態を見ても そんな風には見えなかったので どうやら一人っ子と判断しました。

一人っ子だったからか やけに大きな赤ちゃんです。

出産したところが ゲージの上段だったので赤ちゃんが落ちるのではと心配しましたが
翌日覗くと 下の段のトイレをベッド代わりにして 子育てしていました。

リーナと赤ちゃん

ムチムチのかわいい赤ちゃん♡

それにしても トイレだとまだ寒いし ゲージ自体も狭いのでお友達から一段のゲージを借りて
増築しました(笑)

リーナゲージ増強

これで 子育て、トイレ、食事を分けて生活してもらえます。

これでも狭くて可哀想ですが もう少しこの状態で子育て頑張ってもらおうと思います。

こちらは 今日のリーナと仔猫ちゃん。

リーナ産後1週間

今日でちょうど生後1週間。

ゲージにいれたボックス型のベッドに籠城し
新米ママの子育て 頑張っています!

元気にすくすく育ちますように!!

リーナママ 頑張れ~!!





にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村

ベルちゃん

10日程前からベルちゃんの調子が思わしくありませんでした。


体調を崩してから毎日通院していましたがイマイチ改善が見られず。


もしかするとFIPである可能性が高いと言われ それも含め色々な検査をしてもらいました。



外注の検査だったのでなかなか結果が出ず 先週末は生きた心地のしない週末でした・・・。

FIPだったら・・・     
*FIPとは 猫伝染性腹膜炎 という治る見込みなない伝染性の病気です。
(詳細は こちらをご覧ください。
 このページとってもわかりやすくまとめてあり 要チェックです!)



それにしても・・・ルフナに続き ベルちゃんまでこんなことになるなんて…。


本当に凹みました。



こちらは木曜日の夜のベルちゃんの調子です。


口から大量のよだれを垂れ流し 目も見開いて尋常じゃない様子



[広告] VPS


こちらは 先生に状態を見て頂くために撮影したのですが ずっとこんな状態で
見ていてこちらも辛くなりました。



そして 検査の時にとってもらったレントゲンで更なる事実が・・・。

ベルレントゲン

まず、 ベルちゃん 胸骨を脱臼していて そのままくっついてしまっているとのこと・・・。
ピンクの○部分です。

さらにそんなに重度ではありませんが気管支炎にかかっていました。

FIPであるかどうかも分からない状態で 他の子たちに伝染しないよう
かなり神経をすり減らしました・・・。

手の洗浄や消毒はもちろん 着ている衣服もこまめに着替え気をつけました。

週が明け やっと結果が出て FIPが陰性であることが判明!!

本当に良かったです。

でもまだその時点で ご飯が食べれていなかったので 余談を許さない状況が続きました。

強制給餌をしても よだれと一緒に全部出てきてしまい お薬も飲めませんでした。

毎日 点滴に通いやっと 先週末自力でご飯を食べてくれるようになりました。

よだれも落ち着き 口呼吸もなくなり 今は食欲も回復し 病気の前と同じだけ食べられるようになっています。


昨年保護したとき3.5キロあった体重が この間に 2.7キロにまで落ちました。

やっと食欲が出てきたので栄養価の高いものを与えて 元の体重に戻してやりたいと思います。

まだ透明ですが鼻水が出ているのと 猫風邪の酷いのん だったであろうという診断結果から
まだしばらくゲージでみんなと隔離し 気をつけたいと思います。


回復してくれて本当に良かったです!




ベルちゃんのことをはじめ いろいろあり過ぎてブログの更新がまたもや滞ってしまいました・・・。

この間のことは おいおいUPしていく予定ですが
簡単にまとめておきますと

● デイジー、ダリア それぞれ 正式譲渡のお申し出をいただきました!!

● うめちゃんが 風邪をひき体調を崩しています。

●リーナが無事出産しました!

●うめちゃん 大変な中出産しましたが 赤ちゃんたち助かりませんでした・・・

あたりが 重大ニュースでしょうか・・・。

嬉しいこと、悲しいことが交互に入り混じり 複雑な心境です。。。

詳細はまた改めてご報告できればと思っています。








にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村







タイム 正式譲渡

ご報告がかなり遅れてしまいましたが
先週の水曜日 タイムの正式譲渡の手続きに神戸まで行ってきました。

ちょうど 夕暮れ時だったのですが 里親様のマンションがある西神ニュータウン

歩道にはワンコを散歩してる人たちが数十メートルごとに歩いていること、

公園では恐ろしくたくさんの子供や親子連れの人たちが遊んでいること

こんなに多くの人を見るのどれくらい振りだろうとか

丹波の人を全部集めても数少ないなぁと変なところに反応しながら到着。


IMG_20160406_173507.jpg

全然写真に収められていませんが この奥の公園みたいな広場で人がうじゃうじゃ遊んでました(笑)




おうちにお邪魔すると なんと!


また初日のようにソファの下に隠れてしまいました(T_T)

IMG_20160406_180629.jpg

もしかして
今日の報告も 初日と同じ写真になるのかという不安をいだきながらも
里親様と色々お話をさせてもらいながら 少し時間が経つと 
おっかなびっくりやっと出てきてくれました。



でも 出てきてくれたと思ったらお隣の寝室のベッドの下にまた潜り込んでしまい・・・

IMG_20160406_180416.jpg

さらに時間が過ぎてようやく出てきてくれました。



IMG_20160406_180643.jpg

玄関で私の履物をやたらクンクンし どうもやっと思い出してくれたようです。


IMG_20160406_181218.jpg


それからは里親さんが振る猫じゃらしにいっぱい反応し 
お気に入りのカシャカシャトンネルでも遊び 
やっと新しいおうちに慣れたタイムを見ることが出来ました。



タイム正式譲渡1
タイム正式譲渡2
タイム正式譲渡3


タイムが来るまでは毎日仕事が終わってから飲みに行かれていたそうですが その生活が一変!

毎日仕事の終わる時間に猛ダッシュでおうちに帰られるそうです(笑)


もう可愛くて可愛くて仕方ない 大切な息子です!と言って頂きました。


タイム正式譲渡4


名前は 以前三匹でトライアルに行ったおうちで付けて頂いた
「天ちゃん」というお名前をそのまま付けて頂きました。



最初にトライアルに行かせてもらったおうちのお父さんのご紹介で
タイムを迎えていただくことになったので この先もタイムのこと
里親様から お話されたりすることもあるでしょうし安心して頂けるのではと思います。

タイム正式譲渡5

タイムの甘えっぷりも うちにいたときと全然違います。

自分だけの新しいママを独り占めってとこでしょうか(^_^)

毎日いっぱい遊んでもらい 一緒に過ごして 一緒に寝て 
幸せな猫生getしました!

タイム よかったね!


おめでとう


ずっとずーっと幸せにね


K様 よろしくお願い致します。





タイムに遅れ 2週間前からトライアルに入っていた デイジーとダリアも
嬉しいご連絡をいただいております!!

これで シロちゃんの2番目の仔猫たち 全員幸せを掴みました!!

あとは 今まで出産・育児を頑張って来た シロちゃんママと
シロちゃんの最初の子供である ちょっと怖がりなあざみちゃん。

この二人にもとびっきりの幸せが待っていることを信じて・・・。





にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村

出張手術

土曜日 お友達のAさんが企画された ますだ動物病院さんの出張手術に参加させてもらいました。

本当は水曜日にうちへ来て頂く予定で計画していたのですが
予定していた子が捕獲出来なかったり 手術できない状態だったりと そんなに頭数が揃わなかったことと
参加させてもらう事で 水曜日が一日お届けや手続きに使えるので助かるといった理由から
厚かましくも 参加型に切り替えました(-_-;)

本当なら7匹の予定でしたが 1匹は またもや(もう3回目)キャリーに入れることが出来ず、
そしてもう一匹は 捕獲器で捕獲して 手術までゲージに入れておこうと思い
ゲージに移したのですが 横側のゲージの格子から逃げ出してしまい
うちの中にはいるものの どこにいるのかまったく分からず・・・で手術出来ませんでした(T_T)


ジェミマの子供の「グレイ」 と 「ウバ」 もやっと手術です。

保護して2ヵ月以上…。 長かった…。

この子たちはやはり人に慣れるのが厳しそうで 可哀想だけどリリースしようと思います。

IMG_20160402_201615.jpg

いつも愛情たっぷりに 一頭一頭丁寧に手術して下さる渡邉先生。

今回も 20頭以上の子がお世話になりました。

いつも 遅くまで そして 遠い丹波まではるばる足を運んで下さり 本当にありがとうございます。


DSC_0491.jpg

4月から ますだ動物病院さんが 動物基金の協力病院になって下さったことから
ダメもとで チケットを申し込んでいたところ 運良くチケットを頂くことができたので
4匹分はそちらを使用させて頂きました。

ワクチンやレボリューションなど その他のオプションは自分持ちですが 手術費用は無料でできるようになります。

今まで兵庫県内には協力病院が1件もなかったので チケットを申請するのが難しかったのですが
ますだ動物病院さんが 協力病院になってくださり さらには 
出張手術でもチケットの使用を許可して下さり 本当に助かりました。

IMG_20160402_202343.jpg

てんてんは ワクチンを打ってもらいました。

Aさん家でいっぱいの猫に圧倒されてキャリーの中でビビっているてんてん(笑)


IMG_20160402_202421.jpg

そして 里親募集中のトイプードルのぷーさん。

シルバーの女の子で7歳くらい、とっても大人しいいい子です。

どなたか この子を幸せにしていただけないでしょうか?

こんなに可愛い子が 繁殖に使うだけ使われ 捨てられた・・・
今までの辛い日々を取り戻すべく 一日も早く幸せになってほしいです。




今年に入り 丹波へ出張へ来て下さる先生ができたこと、
そして動物基金のチケットが利用できるようになったことで
不妊手術がしやすくなりました。

とはいっても個人で出来る分と実際にしないといけない頭数では
まったく追いついてないのが現状ですが・・・。

市内にも もっとそういった理解のある人が増え、
手術の徹底が進めばと考えます。

丹波市より 愛護センターに送られる子をゼロにしたい!!

それを実現するために 自分にできることを今後も模索していこうと思います。






にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村



デイジー ダリア トライアルに入りました!

先週の譲渡会で トライアルが決まった シロちゃんの子猫: デイシーとダリア

それぞれ トライアルに入りました!

まずは 火曜日にデイジーを福知山までお届けしてきました。

お部屋に出した瞬間 恐怖のあまり 逃回り あっという間に階段を駆け上がり
2階の里親さんのお部屋に逃げ込んでしまいました。

そうなると もうしばらくは出てこないので 自分から出てくるまでそぉっとしておいてくださいと
お願いし なんの別れも出来ずに帰ってきました(>_<)

そんなわけで 写真も一枚もありません・・・。


ちょうど春休みで 姪っ子さんも猫じゃらしを持って楽しみに待っていて下さったのに
それどころではなく・・・(-_-;)

本当に写真が一枚もなかったので 帰りに福知山城を撮って帰ってきました(笑)

DSC_0532.jpg

里親様のおうちは このお城のちょうど後ろ側。

当時なら かなり身分の高い武士が住んでいたであろう お城から好立地な場所です。

すごいなぁ。。。って 変なところに感動しながら帰ってきました(^_^;)




その後里親様からは トライアル報告で 少しずつ日に日に慣れていくデイジーの姿を
送っていただいています。

IMG_0767.jpg

お母さんの手からおやつをもらって食べているところ。

初日の様子からして 慣れるのに時間がかかりそうだと思っていたのですが
意外に早く馴染んできてるようで 安心しました。

IMG_0768.jpg

おうちをあちこち探検しているようで 先日は大きなタンスの裏に降りて(落ちて)
夕方まで出てこなかったようで その後疲れ果てて寝ているところだそうです。

IMG_0771.jpg

そして こちらは 今日送って頂いた画像です。

表情がすっかり落ち着きました。

こんなにアップでカワイイ写真が撮れるまでになっています。

先住ネコさんもいないし お母さんがいつもおうちにいてくださるので安心です。

この調子で トライアル 頑張れ~ デイジー!!


あっ、 デイジーは 「うめちゃん」という名前をつけてもらいました(^^♪


先日私もとある猫に うめちゃんと命名したところで・・・(^_^;)

うめちゃん 流行ってるのかな!?






そして 水曜日に ダリアを青垣町にお届けしてきました!

久しぶりの市内♪

前日の失敗を反省し 車中から写真撮影(^_^;)

DSC_0534.jpg

デイジーより 臆病なので かなり心配していましたが
車の中でも ほとんど鳴く事もなく そんなに震える事もなく(でも 固まってましたが…)
デイジーなんかより よっぽど 堂々としていました。

ゲージを用意して下さっており その中に入れていただきました。

DSC_0536.jpg
DSC_0539.jpg

持参したベッドにうずくまってじっとしていました。

先住のお姉ちゃん猫が2匹いるおうちです。

さっそくきなこちゃんが様子を伺いに。

DSC_0540.jpg

この子は 昨年の3月に開催した譲渡会で受け入れられた子です。

この一年で着々とにゃんこが増え ダリアは 三女として迎えていただくことになります。

image7.jpg

おトイレも用意して頂いたゲージのなかのものではなく
お姉さんたちが使っているトイレを使用したのだとか。

image6.jpg
image5.jpg

ステキなおうちをあちこち探索中。

この子の性格上 とても心配していましたがまったく杞憂に終わりました!

image4.jpg

隠れていても 缶詰のにおいでおびき出されてきたそうです(^_^;)

食いしん坊 ダリア(笑)

先住の猫さんたちとも だんだん距離が縮まってきているようです。

そして 今日は カメラ目線のダリアの画像を送って来て下さいました。

image1.jpg

ダリちゃん おすましして 超かわいいね♡

ダリアも順調です!

ダリちゃん この調子で トライアル頑張れ~!!


2匹とも順調にトライアルが進んでいて 嬉しいです!

近々いい報告が聞けるのではないかと思います。







にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村










Appendix

プロフィール

海と華ママ

Author:海と華ママ
2チワワ+時々華(実家の中型犬)とのワンコ生活を綴っています。
みぃ太も加わり ワンコブログのはずが 半分はニャンコブログになりつつあります・・・。

最新記事

カテゴリ

カレンダー

03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック